ファシリテーターが行うべき「参加者の分析」とは

会議を目的に沿って効率よく進めたり、具体的な成果を出す上では、会議の参加者について多くの情報を得ることが大切です。 会議やプロジェクトの目的や目標、成果物を具体的に決めたら、それを実現できるような参加者を集める必要があります。

参加者を決める

一般的には、参加者は既に決まった状態でファシリテーションを行う場合が多いですが、もしもファシリテーターとして参加者の決定に関われるのであれば、どういう人たちがその会議やプロジェクトに参加するべきなのか、 会議の進捗を承認したり、その提案を実行に移す当事者にも、会議に参加してもらうことが好ましいです。

参加者を分析する

参加者一人一人が持っている知識や能力、 経験、意欲や興味関心を理解しましょう。また会議や プロジェクトにどのような結論を期待しているのか、についても ん知っておくことが好ましいです。

参加者が会議やプロジェクトに何を期待し、何を考えているかを事前に把握しておけば、進行を妨げる要因や障害となりそうな点を予測したり、参加者 のモチベーションを高め、コミットメントを促す ことが容易になります。それが結果として、チームの成果を最大化させることにつながります。

最新情報をチェックしよう!